膝痛

変形性膝関節症, 症例報告, 膝痛

正座や階段の上り下りが出来なかった変形性膝関節症の方の改善例「大分駅前整体院」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
正座や階段の上り下りが出来なかった変形性膝関節症の方の改善例「大分駅前整体院」

皆さん、ブログをご覧いただきありがとうございます。大分で腰痛治療口コミNo.1の腰痛専門整体院「大分駅前整体院」院長の河野(こうの)です。

今回は「正座や階段の上り下りが出来なかった変形性膝関節症の方の改善例」という事で、大分変形性膝関節症のため、正座や階段の上り下りが出来ずにお困りの女性患者さんがどのようにして整体で改善したのかをご紹介します。

もし大分で同じように変形性膝関節症による症状でお悩みの方は、是非一つの参考としてご覧ください!

 

F・Sさんが当院に来院された経緯

変形性膝関節症に悩む津久見市の56歳、主婦の女性患者さん。

1年くらいまえから膝が痛くなり、正座や階段の上り下りが困難になる。近所の整形外科や整骨院に通うも、なかなか改善しない状態が続く。

どこかいい所はないかと探していると、丁度ホームページを見つけて、この整体に通ってみたいと思い来院。

初回のカウンセリングの様子

院長

F・Sさん、初めまして!本日施術を担当します院長の河野です。よろしくお願いします。

F・Sさんは、1年くらいまえから膝が痛くなり、正座や階段の上り下りがつらいとの事ですが、よろしければ施術に入るにあたり、これまでの詳しい経緯をお話し頂けると助かります。

F・Sさん

はい、1年くらい前から膝が痛くなり、正座や階段の上り下りがつらく困難になりました。また普段歩くときも膝の内側に痛みがあって何をするにも膝が痛いです。

そして屈伸をしようにも痛くて膝がしっかり曲がらないので、まともに屈伸も出来ない状態です。

膝以外にも、何年か前に腰のヘルニアになって、手術はしなくてもよかったですが、しっかりと治りきってなくて、首の痛みもあります。

院長

なるほど、膝は動きを診ても悪いのはわかりますが、膝だけでなく腰や首にもかなりつらい症状を感じていらっしゃるんですね!

この状態で1年以上我慢されていたとなると、毎日の生活が大変でしたね。

膝や腰に首とすべてつらいと思いますが、この中で今とにかくこれを1番先に何とかしたいという問題や、1番悩んでいることは何でしょうか?

F・Sさん

動くときの膝の痛みはもちろんなんですが、このまま今の状態が続くと歩けなくなるのではないか?という不安があります。

それと、膝だけではなくて腰や首も前からつらくて、あっちこっち痛いので気が滅入ります。そんな感じの悩みやストレスを感じなくなりたいです。

院長

わかりました。膝の状態は診ていてもよくないのがわかるので、まずはしっかり普通に歩いて生活を送れる状態に戻るように施術していきましょう!

そして、膝の状態が改善してきたら腰や首も改善していくように施術を行いますので、では早速どこが原因で悪くなっているのか検査していきますね!

検査の結果

F・Sさんの体を検査してみると…

・膝屈曲90度にて制限
・骨盤の歪み
・腰椎の歪み
・頸椎の歪み

などの異常がみられました。

さらにどこが1番悪いのかを検査していくと、F・Sさんの場合は何年か前の腰椎ヘルニアがしっかり治りきっていないことが原因でした。

腰椎の歪みがあることで、腰に負担をかけないように腰をかばい骨盤の歪みが発生
     ↓     ↓
骨盤の歪みから体のバランスが崩れ、重心が前傾になり首に加わる負担の増加から頸椎の歪みが発生
     ↓     ↓
頸椎が歪むことで、さらに体が前傾になり膝に加わる負担が増加し、この状態が続くことで膝の関節が負荷に耐えられなくなり症状が発生していました。

そのためF・Sさんの腰や首の痛みには因果関係がありました。今まで整骨院に通われても改善しなかったのは、膝のみの施術で原因にアプローチ出来ていなかったからです。

そして、これらの原因や、腰や首と膝との因果関係を説明して、初回施術に入っていきました。

初回の施術

1年以上悪い状態が続き、体のバランスも崩れていたことで、抗重力筋をはじめ様々な筋肉に負担がみられました。

また検査をしてみると、膝の屈曲制限や屈曲時の疼痛は骨盤の歪みがかなり影響を与えていることがわかりました。

なので、初回の施術では、

・全身の筋膜リリース
・骨盤の矯正

をメインで行いました。

その結果、たった1回の施術で痛みは残りますが、90度までしか屈伸で座り込めなかったのが、なんと下まで座れるようになりました。疼痛も10割→4割に変化

F・Sさんの体の状態はかなり悪いことを説明して、今の状態を改善するためには、初めは週に2回の通院は必要という事をお伝えしました。

すると、次回は最短で3日後に来院できるという事で、3日後に予約をとられて帰られました。

2回目の施術 初回より3日後

2回目来院時、前回体の状態がかなり悪い事と、また生活の負担で少し戻りがあることをお伝えしていました。

実際にF・Sさんに今の痛みを聞いてみると、4割→6割くらいまで戻りがあったという事でした。

それも踏まえて、また体を検査してみると…

・膝(腓骨)の歪み
・右手関節の歪み

この2点の異常がみられました。

さらに検査してみると、右手首の歪みが原因で右手が使いにくくなり、右手を使いやすくするために体を捻じることで、膝に負担をかけていました。

なので、右手首の歪みを矯正してみると、膝の歪みが改善し、屈伸時の疼痛も6割→2割に変化しました。

次回は4日後に来院できるという事で、予約をとられて帰られました。

5回の施術 初回より15日後

3~5回目の施術は初回に説明していた通り、週に2回のペースで通院されて施術を受けられました。

3・4回目の施術時は症状の戻りがみられましたが、5回目の今回で症状の戻りは消失していました。しかし、依然として残り2割の疼痛が残っていました

検査してみると…仙骨に歪みがみられました。

仙骨をサポートすると疼痛が軽減!仙骨が歪むことで仙腸関節(骨盤の関節)の動きが悪くなり、生活を送る中で膝に負担をかけていました

そこで今回は仙骨の矯正を行うと、膝の屈伸時の疼痛消失

膝がよくなったことで、腰の痛みに意識が集中してきたと言われていたので、ここからは腰を診ていくことに。

次回は7日後に予約をとられて帰られました。

6回目の施術 初回から22日後

普段は腰に違和感があり、主に朝起きるときに腰が痛いと言われていました。首はこの段階で疼痛消失

腰に症状が出ているのでまずは腰を検査していくと…上部腰椎(第2腰椎)に歪みがみられました。

どこが原因で上部腰椎を悪くしているのか検査していくと、意外な原因が出てきました…それは右手指の損傷です。

実は、膝が悪くなるまで厨房で働いていたらしく、毎日手はかなり酷使していたようです。その時によく指を突いたりしていたようです。

という事で今回は右手指を矯正すると、上部腰椎の歪みは消失しました。

8回目の施術 初回より36日目

7~8回目と1週間に1回のペースで通院して施術を行いました。すると7回目の時は朝の起き上がり時に腰に少し違和感がありましたが、今回はなくなっていました。

疼痛の消失にて今回で施術を終了し、最後に施術を受けての感想をいただきました!

どのような悩みで来院されましたか?

1年くらい前から膝が痛くて整骨院に通っていましたが、あまり変化がなく、最近特に歩行や正座、階段の上り下りをするのが困難になり、どこかいい所がないか探していて、ホームページを見つけて、ここへ行ってみたいと思い来院しました。膝だけでなく、以前から首や腰も悪いので。

実際に施術を受けてどうでしたか?

初回の施術で少し姿勢に変化があり、正座や階段の上り下りもいつもより少し楽になりました。説明もしっかりしてもらえて、何より痛みの原因となる根本を徹底して探してくれて、そこの部分を魔法のような優しい手技で施術してくれるので驚きました。本当に何をしているのかわからない、痛みもなく魔法のような、おまじないのような不思議な感じです。今では正座も、階段の上り下りも楽にできるようになり、あの痛みはどこへ行ったんだろうという感じです。

他の整骨院・整体院と比べてどうでしたか?

話もよく聞いてくれて、説明もきちんとしてくれるし、根本から良くしてくれるので、少しずつ良くなっている感じが実感できました。身体全体を見て施術してくれるので、膝だけでなく首や腰も施術してもらえて助かりました。アキレス腱や膝下の脛の間など、こんな所も?って言うような所にも原因がありビックリしました。若いのに良く勉強しているんだろうなぁ!と感じました。

どのような人に当院を紹介したいですか?

腰痛や膝痛でいろんな病院や整骨院・整体に行っても良くならず、どこへ行っていいか悩まれている方へ是非紹介したいです。

※効果には個人差が有ります。個人の感想のため効果を保証するものではありません

総括

 

今回のF・Sさんの場合は、何年か前に起きた腰椎ヘルニアの治療をしっかりと行わず、中途半端にして過ごしていたことが1番の原因でした。

その結果、

・骨盤の歪み
頸椎の歪み
・膝の損傷

などの問題を引き起こし、それぞれが複雑に絡み合うことで、整骨院で膝のマッサージや電気治療を行っても、対症療法なので変化がありませんでした。

このように変形性膝関節症もあり、膝が曲がらないような重度の膝痛であっても膝に原因が無いことがほとんどです!!

やはり大切なことは、「膝が悪い!」といっても「どこが原因なのか?」という部分が、施術をなう上で1番大切なところです。

もしこの記事をご覧の方で、同じように変形性膝関節症で整形外科や整骨院に通院して、マッサージや電気治療だけ受けていて改善しない方は、膝が原因ではありません!

最短で痛みをとり昔の生活に戻るためには、1度何が原因なのかを見極めてみてはいかがでしょうか?

もし、あなたに原因を見極める手段がないのであれば、私が力になります。まだ諦めるのは早いですよ!

~追伸~

当院ではLINEメールにて、

・私の症状は整体で改善しますか?
・整形外科や整骨院に行っているけどよくなりません!

などの症状に対するお悩み相談や、健康情報の発信を行っていますので是非ご登録下さい!

 友だち追加

変形性膝関節症, 症例報告, 膝痛

病院ではよくならなかった変形性膝関節症などの膝痛の改善例「大分駅前整体院」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
病院ではよくならなかった変形性膝関節症などの膝痛の改善例「大分駅前整体院」

皆さん、ブログをご覧いただきありがとうございます。大分で腰痛治療口コミNo.1の腰痛専門整体院「大分駅前整体院」院長の河野(こうの)です。

今回は「病院ではよくならなかった変形性膝関節症などの膝痛の改善例」という事で、大分で整形外科に通院してもよくならなかった変形性膝関節症のM・Yさんの症状が改善するまでのストーリーをご紹介します。

もし、整形外科に通っているけど変形性膝関節症の痛みがよくならなくてあきらめている方は、まだ諦めるのは早いです。整体で十分改善の可能性があります。

整形外科ではよくならなかった変形性膝関節症の痛みが、どのように改善したのかを是非ご覧ください!

M・Yさんが当院に来院された経緯

大分市在住の75歳、女性。整形外科に通院し変形性膝関節症と診断される。

整形外科では膝に注射を打っていたが効果がなく、このまま続けても効果はないし、注射を打つのも痛いので自己の判断で通院を中止。

腰や膝をかばっているせいか、最近では右肩が痛くなり、いよいよどうしようかと思っていると、家のポストに入っていたチラシを見て来院。

初回のカウンセリングの様子

院長

本日施術をさせていただきます院長の河野です。よろしくお願いします。

M・Yさんは長いこと左の膝が悪くてお困りとのことですが、施術に入るにあたりこれまでの詳しい経緯をお話しいただければ助かります!

M・Yさん

30代中頃から腰が痛くなったのがきっかけで、次に左膝が痛くなって、それからずっと痛みがあります。

左膝が悪いせいで歩くと痛いし、フラフラしてしっかりと歩けません。膝が曲げられないので下に座り込んだりもできません。

整形外科に通院していましたが、注射を打っても効果がなくて、先生にも年のせいだから仕方がないと言われて、行くのを止めました。

最近になって、腰や膝をかばっているせいか右の肩がすごく痛くなり、夜によく寝れなくなったので疲れがとれなくてつらいです。

院長

夜に寝れないような状態だと疲れはとれないし毎日大変ですよね!

今言われた腰や左膝、右肩がつらいことで、今1番困っていることや不安は何ですか?

M・Yさん

腰は今痛くないんですが、とにかく右肩は夜寝ているときの痛みが強いので、寝れてないのが1番困っています。

左膝に関しては、歩くのも曲げるのも痛くて、歩こうとするとフラフラするので、家の中の家事さえ昔みたいにスラスラ出来ないので、このままだと動けなくなる気がしています。

なので、夜しっかりと眠れて、昔みたいに家の中だけでもいいのでスタスタ歩きたいです。

院長

わかりました。膝も肩も両方悪いんですが、まずは寝れないと体も回復しませんので、しっかりと夜寝られるように肩から見ていきましょう!

では、どこが原因で痛みが出ているのか、早速検査していきますね!

検査の結果

早速検査してみると…

・内臓の疲労
・右乳がんの手術痕
・大腸がんの手術痕
・骨盤の歪み
・左足首に歪み(捻挫の古傷)

これらの異常がありました。

まず、右肩に関しては内臓疲労により自律神経が乱れて肩が挙がらない状態になっていました。それと右乳がん手術痕部の影響で関節の可動域制限が出ていました。

そして左膝は、大腸がん手術痕部の影響で骨盤の歪みが発生し、左足首に昔大きな捻挫をしたとのことで、その古傷が原因で左膝に大きな負担がかかっていました。

これまでに癌の治療や痛み止めなど、多くの薬を飲んでいた影響で内臓疲労が強く、体が弱っている状態でした。

この状態でいきなり手術痕部の矯正や古傷の調整は、体が変化についてこないため大変危険です。

まずは、夜寝れるように内臓の調整から始め、右肩の施術から始めていくことを説明して、初回施術に入っていきました。

初回の施術

M・Yさんの場合は、これまでに癌の治療などで長い間薬を飲んでいたことで、内臓の疲労が強く出ていました。

今回は肝臓で反応、肝臓の疲労によって右肩が挙がらなくなっていました。そして、長年悪い状態が続いていることで、血液循環が悪くなっていました。

そこで今回は、

・内臓の調整
・全身の筋膜リリース

にて施術を行いました。

施術前は右肩の外転160度にて制限・疼痛がみられましたが、内臓の調整にて外転可動域は180度まで可能となり、疼痛も外転動作ではみられなくなりました。

M・Yさんも肩を触らずに右肩が挙がるようになり、痛みも改善したので何が起こったのかわからないという戸惑いの表情をされていました。

そして、全身の筋膜リリースを行うことで、血液循環を良くして、症状が改善しやすい体の土台作りを行いました。

これで初回の施術を終了し、次回は最短で2日後に来院できるという事で、予約をとり帰られました。

2回目の施術 初回から2日後

初回施術後の夜から、右肩の寝ているときの痛みはほとんど感じなくなり、久しぶりにぐっすりと寝ることが出来たと喜ばれていました。

外転時の可動域制限・疼痛は消失していましたが、右肩の外旋時(外に捻る)に疼痛が残存。

検査の結果、右乳がん手術痕部の影響で、右肩が内側に巻き込まれてしまい外旋時に制限・疼痛が出ていました。

またそれだけでなく、右肩がうち巻き込みになることで、骨盤が歪み、左膝にかかる負担が大きくなって、膝の痛みにも影響していました。

なので、今回は右乳がん手術痕部の矯正を行いました。

すると、右肩の外旋時制限・疼痛は消失左膝の屈曲制限も軽減し、痛みは残りますが座り込みが出来る様になりました。

2回目の施術はここで終了し、次回は3日後に来られるという事で予約をとり帰られました。

3回目の施術 初回から5日後

2回目の施術後から、痛みはまだ残るけど以前より歩きやすくなって、家の中を少し歩き回れたと驚かれていました。

しかし、歩くときにフラフラとふら付いて安定しないので、家の中など狭い所で小回りを利かせるのが怖いとのことでした。

検査してみると骨盤の歪みが残っていました。さらに検査していくと大腸がん手術痕部の影響で骨盤が歪んでいました。

なので今回は大腸がん手術痕部の矯正を行うことで、骨盤の歪みが改善し、歩行のふら付きも少なくなり、歩きやすくなりました。

3回目の施術はここで終了し、次回は4日後に来院できるという事で予約をとり帰られました。

4回目の施術 初回より9日後

長い間体が悪い状態にあったことで、前回の大腸がん手術痕部の矯正によって体が急激なバランスの変化についていけず、前回の施術の次の日から体のダルさが出たとのこと。

長年悪さから傷つた筋肉の影響で循環能力や体力が追いついていなかった為、好転反応がみられました。

特に左下肢の筋肉に緊張が強く、腰や膝に影響を与えていたので、その部分の筋膜リリースを行う。

施術を受けた後で、体が軽くなって歩くのも楽になったと言われていました。

4回目の施術はこれで終了し、次回はまた4日後に来院するとのことで予約をとり帰られました。

8回目の施術 初回より25日後

5~8回目の施術は4日置きに来院され、長年かけて傷んだ筋肉の調整をメインで行ない、血液循環も改善されてきました。

この段階で歩行時のふら付きは消失。屈曲時の左膝の痛みも当初からすると10割→3割まで軽減していました。

まだ左膝屈曲制限があり、検査すると昔やった左足首の捻挫(古傷)が原因で左膝屈曲制限が出ていました。

なので今回は左足首の矯正を行うと、屈曲じの痛みが残り1割まで軽減。今回はここで施術終了。

11回目施術

9~11回目の施術は10日置きの間隔で行ない、屈曲時の左膝の痛みも改善していました。

歩行時もふら付かず、家の中の狭い所でも小回りが利くようになり、家の中の家事やお花の世話が出来る様になり、毎日着た付いたら動けるようになって嬉しいと喜ばれていました。

痛みが改善して今まで以上に動けるようになったことで、膝の変形部位に今までよりも負担がかかることが予想されるので3週間~1か月に1回のメンテナンスを提案。

M・Yさんも定期的なメンテナンスを希望され、3週間後に予約をとり、最後に感想をいただきました。

どのような悩みで来院されましたか?

30代中頃より腰が痛くなり、次に膝が悪くなり長い間そのままで生活していましたが、ついに最近肩に激痛が来てチラシを見てうさんくさく思いつつも、試しに行ってみようと思い来院しました。

実際に施術を受けてどうでしたか?

以前した手術の痕を調整していただいたり、筋肉に調整もしていただき体が柔らかくなり、スムーズに動けるようになりました。歩くのもとても楽になり、今まで出来なかった事が自然と出来るようになりました。座り込みも出来なかったのが、1回に施術で出来るようになりました。嘘のようで帰りはスキップしたい位の気持ちになりとても嬉しかったです。チラシに書いてあった通り優しく痛くない施術でした。

他の整骨院・整体院と比べてどうでしたか?

病院では機械や注射の治療でよくなりませんでしたが、優しく痛くない不思議な調整で、終わったらいつの間にかよくなっていて、スムーズに動けるので今だに不思議です。手術の痕が原因等、今まで病院では言われた事もなく自分でも思った事がなかったので、とても不思議でしたが妙に納得出来ました。

どのような人に当院を紹介したいですか?

病院でレントゲンやMRIを撮っても異常がないと言われ、でも体の具合が悪く長い間悩んでいる人。膝が痛くて歩きにくい人。

※効果には個人差が有ります。個人の感想のため効果を保証するものではありません

総括

 

今回のM・Yさんもの場合、

・薬よる内臓疲労の蓄積
・筋肉の損傷による血液循環の低下
・癌手術痕

これらがポイントでした。これらの原因により体に強い歪みが生じて、なかなか改善しない体質を作っていました。

このような場合、4回目の施術時のように手術痕部などの矯正で、体のバランスが急激に変わると変化についていけず好転反応が出ることがあります。

好転反応が出るような状態も、しっかりと傷んだ筋肉を調整し、血液循環を改善することで体の各機能もともに改善していきます。

長年続いている症状ほど、傷んだ筋肉を調整し、血液循環の循環機能を回復させることで、体質も変化して治りやすい環境が出来てきます。

この記事をご覧の方で、長年の症状にお悩みの方もこの順序で、体質を変えていくことで長年の症状も改善してくると思いますよ!

~追伸~

当院では来院に対する不安や、悩まされている症状に対してLINEメールにてお悩み相談を実施しています。

また、LINEではお悩み相談以外に健康情報の発信も行っていますので、是非ご登録下さい!

 友だち追加

変形性膝関節症, 膝痛, 関節水腫

大分市で注射を打っても良くならない膝痛の改善例「大分駅前整体院」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大分市で注射を打っても良くならない膝痛の改善例「大分駅前整体院」

皆さん、ブログをご覧いただきありがとうございます。大分で腰痛治療口コミNo.1の腰痛専門整体院「大分駅前整体院」院長の河野(こうの)です。

今回は膝痛について「大分市で注射を打っても良くならない膝痛の改善例」という内容で書いていこうと思います。

僕自身、高校生の頃に柔道で両膝の半月板損傷や内側側副靭帯損傷など膝を負傷し、社会人になってからもつい最近まで屈伸や正座が出来ない状態でした。

そして多くの整形外科や整骨院や整体院に通っても改善せず、柔道を諦める事になったり、仕事でも痛みのせいで集中できなかったりとつらい経験をしてきました。

それだけに「膝痛」については特別な思い入れがあり、大分でどの整体院よりもその気持ちは強い自信があります!

その中でも今回は、膝の腫れになぜ注射はダメなのかを話していきます。よく「水が溜まった」という状態ですね。

膝関節の構造について

膝関節は大腿骨・脛骨・腓骨・膝蓋骨の4つの骨から構成される荷重関節です。

そして関節は関節包と呼ばれる関節を覆う袋に包まれています。

関節包は内側の滑膜(かつまく)、外側の線維膜でできていて、内側の滑膜からは滑液(かつえき)が分泌され、関節空内を満たし、関節軟骨を栄養しています。

膝関節の特徴としては、半月板の存在や、内外側の側副靭帯以外にも関節空内に存在する前・後十字靭帯です。

これら半月板や各靭帯などの構造物により、歩行時や運動時のあらゆる衝撃に耐えるように守られています。

膝が腫れる「水が溜まる」とはどういう状態か?

膝に水が溜まるとよく聞くことがあると思いますが、それには関節水腫という病名があります。

関節水腫は外傷や、変形性膝関節症O脚X脚などを伴うオーバーユースによって起きる炎症症状です。

例外として関節リウマチ膠原病化膿性関節炎などがあります。今回は変形性膝関節症・O脚・X脚などに伴う関節水腫について話していきます。

しかし、変形性膝関節症・O脚・X脚などに伴う関節水腫では、膝に原因が無いことがほとんどです。

実際に他院からの転院で当院に来院される患者さんのほとんどが、骨盤や腰椎の歪み・股関節や足関節の歪みが原因で、これらを調整することで膝の腫れも改善しています!

膝以外の骨盤や腰椎・股関節や足関節などが歪むことで、重心バランスが乱れるため歩行時や屈伸時に膝に加わる負担が増加していきます。

そして膝に加わる負担が限界に来ると、滑膜が炎症を起こし、これ以上膝に負担がかからないように滑液を分泌し、膝の曲げ伸ばしを制限します。

これが膝の腫れ、膝に水が溜まるという状態です。

なぜ膝に水が溜まっても注射で抜いてはダメなのか?

皆さんはもし膝に水が溜まったらどうしますか?おそらくびっくりしてまず病院に行き検査されると思います。

そして検査後、骨折や靭帯損傷などの異常が無ければ注射で水を抜かれると思います。

しかし、前述した通り膝が腫れるのはこれ以上膝に負担が加わらないように、膝の曲げ伸ばしを制限するためです。

確かに膝に溜まった水を注射で抜けば曲げ伸ばしは楽になりますが、膝が腫れた原因は改善していないので、またすぐに膝が腫れてしまいます。

また、膝に溜まる水=滑液は関節内の構造物への栄養分としての役割もあります。

そのため、膝の水を注射で抜き続けると、限界を超えて膝に負担が加わり続けることで損傷が起きるだけでなく、関節内への栄養分の供給が絶たれるので損傷部位の回復力も低下します。

つまり、膝に溜まった水を抜き続けると、どんどん膝が壊れていき治りずらい状態になってしまうので、注射で水を抜いてはいけないのです。

では膝痛にはどのような治療をするべきなのか?

ここまででお伝えした通り、膝が腫れて水が溜まる原因は股関節足関節の歪みにあります。

だからといって他の整骨院や整体院のように腰や股関節・足関節を直接矯正するわけではありません。

関節は筋肉によって動きます。なのでいくら歪んだ関節を矯正しても、関節を歪めている筋肉を緩めないことには、また元の状態に戻ります。

また痛みの原因となるのは筋肉だけでなく、筋膜・腱・靭帯・関節包・脂肪組織などの軟部組織も関与します。

なので筋肉だけでなく、痛みの原因となる軟部組織まで検査のもと施術を行う必要があります。

当院では、なぜ膝に負担が加わっているのかをしっかりと検査して、その原因を特定した上で施術を行います。

なので、病院でいくら注射を打っても良くならない重度の膝関節の腫れや痛みも、しっかりと改善することが出来るのです!

このような施術の特徴から当院は大分市だけでなく、別府市・日出町・杵築市・国東市・津久見市・豊後大野市・由布市・佐伯市・日田市などからも、整形外科や整骨院では改善しない患者さんが来院されています。

まずは病院で何回も注射を打ってもダメだった膝の腫れ・膝痛から、当院で治療をすることで解放された方の生の声をご覧ください!

病院で何回注射してもダメな膝の腫れが引き、痛みもなくなりました!

どのような悩みで来院されましたか?

病院で何回も膝の水を抜いて痛み止めを打ったけど、全然膝痛が良くならなくて、水を抜いてもすぐに元に戻っていました。歩くと膝がすごく痛くて、階段を降りるのが大変で我慢できなかったので来院しました。

実際に施術を受けてどうでしたか?

治療を受けるとだんだん歩きやすくなり、回数を重ねるうちにヒザの腫れも少しずつ良くなって、注射で抜いてもいないのに今では水が溜まらなくなりました。歩いているときの痛みと、階段を降りる時の痛みも感じなくなって、子供(孫)を自然に抱っこが出来る様になりました。

他の整骨院・整体院と比べてどうでしたか?

病院では注射で毎回水を抜いて、シップを貰うだけだったけど、注射をしなくても自然と水が引いたし、また水が溜まることがなくなった。整体でヒザの腫れている様な状態が良くなるとは思わなかった。

どのような人に当院を紹介したいですか?

ヒザが痛くて病院に長く行っているけど良くならない人に紹介したい。

※効果には個人差が有ります。個人の感想のため効果を保証するものではありません

ここで注意!膝が腫れた時の注意点

 

ここまで膝に水が溜まっても注射で抜くのはNGという話をしてきました。しかし、例外もあります。それは外傷での腫れです。

転倒などで捻った際など、熱感強い腫れがみられる際は必ず1度は整形外科などでしっかりと検査を受けて下さい!

なぜなら、外傷で強い熱感や腫れがある際は、骨折靭帯損傷などの可能性が高いからです。

膝関節内での骨折や、前・後十字靭帯損傷などでは関節部に強い腫脹がみられ、関節内で出血が起きます。

関節内での出血がある場合は、放置することで関節内組織が壊死など起こす可能性がありますので、必ず病院での診察を受けましょう。

膝の腫れ・膝痛が改善せずに悩んでいるあなたへ

既にもしくは今現在病院や整骨院に通っても膝の腫れや痛みが改善せずに、次のようなことでお悩みではありませんか?

・注射で水を抜いてもすぐに元の状態に戻ってしまう

・最近は階段や歩行時だけでなく椅子からの立ち上がりもつらい

・寝ているときも膝から足がジンジンして痛い

・まだ杖に頼って生活したくない

・できれば手術だけはしたくない

こんな悩みがある方で、私の膝痛も整体で良くなるの?私の膝痛は診てもらえるの?など様々な不安がと思います。

~追伸~

当院ではいきなり来院するのは不安がある方のために、LINEメールにてお悩み相談を行っています。またLINEではお悩み相談と一緒に健康情報の発信も行っています。

もし興味があったり、来院するのに不安がある方はお気軽にご相談下さい!

※お悩み相談は施術中の対応ができない為、電話での相談は行っておりません。LINE・メールのみとさせて頂いております。

友だち追加

amebaでも毎日腰痛改善情報を配信中!
amebaブログで腰痛改善情報を受け取る