変形性膝関節症, 膝痛, 関節水腫

大分市で注射を打っても良くならない膝痛を改善する整体院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大分市で注射を打っても良くならない膝痛を改善する整体院

皆さん、こんにちは!大分駅前整体院、院長の河野です。

今回は膝痛についてです。

僕自身、高校生の頃に柔道で両膝の半月板損傷や内側側副靭帯損傷など膝を負傷し、社会人になってからもつい最近まで屈伸や正座が出来ない状態でした。

そして多くの整形外科や整骨院や整体院に通っても改善せず、柔道を諦める事になったり、仕事でも痛みのせいで集中できなかったりとつらい経験をしてきました。

それだけに「膝痛」については特別な思い入れがあり、大分でどの整体院よりもその気持ちは強い自信があります!

その中でも今回は、膝の腫れになぜ注射はダメなのかを話していきます。よく「水が溜まった」という状態ですね。

膝関節の構造について

膝関節は大腿骨・脛骨・腓骨・膝蓋骨の4つの骨から構成される荷重関節です。

そして関節は関節包と呼ばれる関節を覆う袋に包まれています。

関節包は内側の滑膜(かつまく)、外側の線維膜でできていて、内側の滑膜からは滑液(かつえき)が分泌され、関節空内を満たし、関節軟骨を栄養しています。

膝関節の特徴としては、半月板の存在や、内外側の側副靭帯以外にも関節空内に存在する前・後十字靭帯です。

これら半月板や各靭帯などの構造物により、歩行時や運動時のあらゆる衝撃に耐えるように守られています。

膝が腫れる「水が溜まる」とはどういう状態か?

膝に水が溜まるとよく聞くことがあると思いますが、それには関節水腫という病名があります。

関節水腫は外傷や、変形性膝関節症O脚X脚などを伴うオーバーユースによって起きる炎症症状です。

例外として関節リウマチ膠原病化膿性関節炎などがあります。今回は変形性膝関節症・O脚・X脚などに伴う関節水腫について話していきます。

しかし、変形性膝関節症・O脚・X脚などに伴う関節水腫では、膝に原因が無いことがほとんどです。

実際に他院からの転院で当院に来院される患者さんのほとんどが、骨盤や腰椎の歪み・股関節や足関節の歪みが原因で、これらを調整することで膝の腫れも改善しています!

膝以外の骨盤や腰椎・股関節や足関節などが歪むことで、重心バランスが乱れるため歩行時や屈伸時に膝に加わる負担が増加していきます。

そして膝に加わる負担が限界に来ると、滑膜が炎症を起こし、これ以上膝に負担がかからないように滑液を分泌し、膝の曲げ伸ばしを制限します。

これが膝の腫れ、膝に水が溜まるという状態です。

なぜ膝に水が溜まっても注射で抜いてはダメなのか?

皆さんはもし膝に水が溜まったらどうしますか?おそらくびっくりしてまず病院に行き検査されると思います。

そして検査後、骨折や靭帯損傷などの異常が無ければ注射で水を抜かれると思います。

しかし、前述した通り膝が腫れるのはこれ以上膝に負担が加わらないように、膝の曲げ伸ばしを制限するためです。

確かに膝に溜まった水を注射で抜けば曲げ伸ばしは楽になりますが、膝が腫れた原因は改善していないので、またすぐに膝が腫れてしまいます。

また、膝に溜まる水=滑液は関節内の構造物への栄養分としての役割もあります。

そのため、膝の水を注射で抜き続けると、限界を超えて膝に負担が加わり続けることで損傷が起きるだけでなく、関節内への栄養分の供給が絶たれるので損傷部位の回復力も低下します。

つまり、膝に溜まった水を抜き続けると、どんどん膝が壊れていき治りずらい状態になってしまうので、注射で水を抜いてはいけないのです。

ではどのような治療をするべきなのか?

ここまででお伝えした通り、膝が腫れて水が溜まる原因は股関節足関節の歪みにあります。

だからといって他の整骨院や整体院のように腰や股関節・足関節を直接矯正するわけではありません。

関節は筋肉によって動きます。なのでいくら歪んだ関節を矯正しても、関節を歪めている筋肉を緩めないことには、また元の状態に戻ります。

また痛みの原因となるのは筋肉だけでなく、筋膜・腱・靭帯・関節包・脂肪組織などの軟部組織も関与します。

なので筋肉だけでなく、痛みの原因となる軟部組織まで検査のもと施術を行う必要があります。

当院では、なぜ膝に負担が加わっているのかをしっかりと検査して、その原因を特定した上で施術を行います。

なので、病院でいくら注射を打っても良くならない重度の膝関節の腫れや痛みも、しっかりと改善することが出来るのです!

このような施術の特徴から当院は大分市だけでなく、別府市・日出町・杵築市・国東市・津久見市・豊後大野市・由布市・佐伯市・日田市などからも、整形外科や整骨院では改善しない患者さんが来院されています。

まずは病院で何回も注射を打ってもダメだった膝の腫れと痛みから、当院で治療をすることで解放された方の生の声をご覧ください!

病院で何回注射してもダメな膝の腫れが引き、痛みもなくなりました!

どのような悩みで来院されましたか?

病院で何回もヒザの水を抜いて痛み止めを打ったけど、全然ひざの痛みが良くならなくて、水を抜いてもすぐに元にもどっていました。歩くとヒザがすごく痛くて、階段を降りるのが大変で我慢出来なかったので来院しました。

実際に施術を受けてどうでしたか?

治療を受けるとだんだん歩きやすくなり、回数を重ねるうちにヒザの腫れも少しずつ良くなって、注射で抜いてもいないのに今では水が溜まらなくなりました。歩いているときの痛みと、階段を降りる時の痛みも感じなくなって、子供(孫)を自然に抱っこが出来る様になりました。

他の整骨院・整体院と比べてどうでしたか?

病院では注射で毎回水を抜いて、シップを貰うだけだったけど、注射をしなくても自然と水が引いたし、また水が溜まることがなくなった。整体でヒザの腫れている様な状態が良くなるとは思わなかった。

どのような人に当院を紹介したいですか?

ヒザが痛くて病院に長く行っているけど良くならない人に紹介したい。

※効果には個人差が有ります。個人の感想のため効果を保証するものではありません

ここで注意!膝が腫れた時の注意点

ここまで膝に水が溜まっても注射で抜くのはNGという話をしてきました。しかし、例外もあります。それは外傷での腫れです。

転倒などで捻った際など、熱感強い腫れがみられる際は必ず1度は整形外科などでしっかりと検査を受けて下さい!

なぜなら、外傷で強い熱感や腫れがある際は、骨折靭帯損傷などの可能性が高いからです。

膝関節内での骨折や、前・後十字靭帯損傷などでは関節部に強い腫脹がみられ、関節内で出血が起きます。

関節内での出血がある場合は、放置することで関節内組織が壊死など起こす可能性がありますので、必ず病院での診察を受けましょう。

膝の腫れや痛みが改善せずに悩んでいるあなたへ

既にもしくは今現在病院や整骨院に通っても膝の腫れや痛みが改善せずに、次のようなことでお悩みではありませんか?

・注射で水を抜いてもすぐに元の状態に戻ってしまう

・最近は階段や歩行時だけでなく椅子からの立ち上がりもつらい

・寝ているときも膝から足がジンジンして痛い

・まだ杖に頼って生活したくない

・できれば手術だけはしたくない

こんな悩みがある方で、私の膝も整体で良くなるの?私の膝の痛みは診てもらえるの?など様々な不安がと思います。

~追伸~

当院ではいきなり来院するのは不安がある方のために、LINEメールにてお悩み相談を行っています。またLINEではお悩み相談と一緒に健康情報の発信も行っています。

もし興味があったり、来院するのに不安がある方はお気軽にご相談下さい!


⇒LINEの友達登録はここをクリック!

※お悩み相談は施術中の対応ができない為、電話での相談は行っておりませんLINE・メールのみとさせて頂いております。

執筆者

  • 慢性症状専門の整体師 河野貴彦
  • 柔道整復師免許証

慢性症状専門の整体師 河野貴彦

東京・神奈川・大分で7年間整骨院にて研修して、延べ23755人の施術実績。研修時代から慢性症状の改善に力を注ぎ、整形外科や整骨院に通っても症状の改善しない方の力になりたいという思いから大分駅前整体院を立ち上げる。

経歴
2012年3月 日体柔整専門学校 卒業
2012年4月 柔道整復師免許 取得
2018年4月 大分駅前整体院 開業